タイトル

裁縫と針

裁縫という手仕事の魅力に迫る

裁縫とは、針と糸で布をつなぎ合わせてかばんや服やらを作ることで、手芸の中でもとても身近なものでしょう。
ボタン付けや雑巾作りなどは、裁縫の最も基本となる作業です。
こうした手仕事は、まず自分の手で何かを作り上げるという感動ややり甲斐を感じることができるという点が、魅力です。
出来上がった時の喜びは大きなものでしょう。
また好きな布を選んで自分の作りたいサイズやデザインに仕上げることができるのも、手作りのメリットといえるでしょう。
子供の服などでも市販の物はサイズが合わなくとも、自分で縫えば我が子に合う大きさのものを作ることができます。
なんともいえないあたたかみを感じることができるのも、こうした手縫いならではです。
また裁縫は指先を使う作業であり、呆けの予防にもなるとされています。
細かい作業をしたり図案やデザインを考えることで脳が活性化され、いつまでも呆けることなく若々しくいられることができるのです。
最近では自分で作った物を手作り市や委託販売、ネットショップなどで販売する人も増えてきています。
商品として買ってもらう嬉しさはまた格別なものであり、自信もつくでしょう。
手作りの趣味を実益にすることもできるのです。

裁縫を上達するには縫い方を練習すること

裁縫でよく使われる基本の縫い方は、並縫い、半返し縫い、本返し縫いです。
裁縫が上手になるには、さらしの布を購入して、運針の練習をします。
運針の布とは、木綿のサラシに図案や数字等が載っていて、その通りに糸を通した針を動かして縫っていくと、縫い方が理解できる仕組みになっています。
以前は店舗の手芸コーナーで販売されていましたが、今では、インターネットサイトの手芸店や学校の教材の取り扱いがある店で販売されています。
もし、手に入りにくいようでしたら、初心者向けの手縫いの仕方や裁縫の基礎の書籍を購入して、縫い方の解説を見ながら、端切れで練習してみましょう。
はじめはうまくできなくても、徐々に上手になっていきます。
ひと通り覚えたら、100円均一の店でかわいい端切れを購入してみましょう。
水に浸けてから、生乾きのままアイロンをかけて、布の縦と横の歪みを直します。
水通しと地直しという作業になります。
布を正方形に裁断して、周囲を三つ折りにしてアイロンで押さえてから縫います。
半返し縫いや本返し縫いにすると、見た目が良く、ハンカチとして使えます。
並縫いなら布巾として使うことができます。
基本の縫い方に慣れたら、普段の洋服の直しで必要なボタン付けや、裾上げや裾のほつれを直すまつり縫いも、できるようになるととても便利です。

『裁縫』 最新ツイート

@rokobot

久しぶりにピグライフ入ったらやり方が分からなくなっていた・・・裁縫ってなんだよー!!

5分前 - 2015年06月03日


@Chibinyan0318

@love0409yy 得意でもない好きでもない裁縫7時間半もやり続けるってだいぶ精神的にくるwwwwwww

6分前 - 2015年06月03日


@Kisui_2nd

「料理出来なかったら買えばいいし」 「お菓子とか」 「裁縫?再購入の間違いでしょう?」 「ってアヅキちゃんが」 「お前ら一回死んでこい」 《鳴瀬と周藤》

9分前 - 2015年06月03日


おすすめWEBサイト 5選

新宿 美容院
http://hair-resort-ai-shinjuku.com/

最終更新日:2015/6/2

Copyright 2015 裁縫と針 All Right Reserverd.